良い人材を確保するにはリクナビネクストの掲載が有利

企業が人材採用を行おうとするとき、様々な方法を使って求人を行います。企業によってはハローワークを利用したり、新聞折り込みの求人を使ったりしています。実際には採用ターゲットとなる人材の質によって使い分けている企業が多いと思います。もちろんパート従業員など軽作業や簡単な業務の募集であれば紙媒体などでコストを抑えた採用活動で問題は無いでしょう。しかし、企業の中核を担うような人材の採用では、やはり多くの人の目に触れるような形で求人を掲載するべきです。そこで一番効果的な方法がWEB媒体による求人です。中でも業界最大手と言われるリクナビネクストの利用を行えば優秀な人材が確保できる機会が増えるといえます。このサイトでは会員登録数が670万人であり転職者の8割が登録しているといわれています。

選べる原稿サイズが豊富で、掲載期間も選べます。

求人における大事なことは、いかに自社のことを知ってもらうかにつきます。特に中小企業では優れた技術や仕組み、給料待遇を持っていても、知名度という点では大手企業にはかないません。そのため少しでも企業の求人情報の露出を高めることが有利に求人を進める鍵となります。リクナビネクストでは基本的には5つの原稿サイズが用意してあります。もちろん原稿サイズが大きいものほど露出度は高くなるため効果的です。その反面、料金も高くなってしまいますので自社の採用予算と見比べて利用する必要があります。また掲載期間についても2週間の企画と4週間の企画に分かれています。自社の求人内容が比較的人気の高い職種等であれば短期の求人で十分な場合も多いので選択肢が広いのは使い勝手がいいと言えます。

効果的な求人を行えるオプションを選びましょう。

基本的な原稿サイズに加えて、重要なのはオプション機能です。リクナビネクストでは様々なオプションが用意されていますので上手に利用することが大事です。自社の求人情報を知ってもらうために用意できるものとしては、ターゲットDMというオプションがあります。これは採用要件にあうターゲットに向けて自社の求人情報を紹介するものです。このターゲットDMでは基本が200通までDMを送れます。より細かくターゲットにアプローチしたい場合は、再アプローチのオプションなどをつけるとより効果的でしょう。他にもリクナビネクストのトップページにテキスト情報を載せられるオプションや、求職者のメッセージ一覧画面にテキスト情報を載せられるオプションなんかもあります。こういった機能を上手に組み合わせればより多くの人材と出会える確率が高くなります。